ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は? エンタメ

大人気ドラマ「ドクターX」が2年ぶりの復活ですね!

ドクターXの主題歌は初代から「Super fly」が担当していますが、2021年放送のシーズン7には「Ado」の楽曲が採用されました。

Superflyの軽快なテンポの楽曲で「ドクターXを見たぞ!」と実感していたので、少し残念ですよね…。

ということで、ドクターXの主題歌が「Super fly」の曲ではなくなった理由と、シーズン7で「Ado」の楽曲が採用された理由について調査しました。

□関連記事
Ado「阿修羅ちゃん」のイラスト絵師はORIHARA!素顔や年齢・性別は?
Adoの新楽曲がドクターXの主題歌に大抜擢されました!曲名は「阿修羅ちゃん」。「阿修羅ちゃん」のカバー画像には、米倉涼子さん演じる大門未知子とAdoさんと思われる人物のイラストが描かれており、米倉涼子さんも大絶賛。誰が書いたのか...

ドクターXの主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

ドクターXの主題歌は、初回放送のシーズン1から、シーズン5まで「Super fly」が担当してきました。

□Superflyが担当した「ドクターX」主題歌
  • シーズン1:「Force」
  • シーズン2:「Bi-Li-Li Emotion」
  • シーズン3:「愛をからだに吹き込んで」
  • シーズン4:「99」
  • シーズン5:「ユニゾン」

実は、シーズン6から主題歌はSuperflyではなくなっているんですよね。

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

シーズン6でSuperflyが主題歌を担当しなかった理由は、

Superflyが同時期に放送するNHKのドラマの主題歌を担当していたから
と言われています。
ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?
ドクターXシーズン6の放送期間に、NHKの朝ドラ「スカーレット」も放送されていました。
Superflyは、この「スカーレット」の主題歌を担当しており、同時期に他局の看板ドラマとアーティストがかぶるのがNGとされたと言われています。
ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?
そこで、Superflyの代わりにシーズン6の主題歌を担当したのは「P!NK」(ピンク)というアメリカのシンガーソングライター
□P!NK
 本名:アレシア・ベス・ムーア
生年月日:1979年9月8日
職業:シンガーソングライター
出身地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
代表曲:「レディ・マーマレイド」グラミー賞獲得

P!NKは、2001年の映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌『レディ・マーマレイド」を歌い、グラミー賞を獲得しています。

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

この他にも「トラブル」や「ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン」の楽曲でグラミー賞、映画「アリス・イン・ワンダーランド」の主題歌を担当し世界大ヒット作となるなど、P!NKは音楽界で偉業を成し遂げた世界的アーティストです

また、ドクターXの舞台が”外資に飲み込まれる大学病院”になっているため、製作側が海外楽曲を採用することに積極的だったとも言われています。
【テレビ朝日・内山聖子エグゼクティブプロデューサー(ドクターXを担当)インタビュー】
「第6シリーズは、外資に飲み込まれる瀕死の大学病院を舞台に、未知子が自由にオペをする物語。

よりグローバルに、よりタフに『世界のP!NK』にドラマを彩っていただきたいと思います!」

ドクターXの主題歌がAdoの理由は?

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

Ado「阿修羅ちゃん」ジャケット画像

シーズン6では若者を中心に大人気のアーティスト「Ado」の楽曲が採用されたことで話題になっていますよね!

「ドクターX」の主題歌に『Superfly』が採用されず、『Ado』になった理由はなぜでしょうか?

ドクターXの主題歌がAdoな理由1:シーズン6で担当しなかった流れでそのまま

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

ドクターXシーズン6で、Superflyが主題歌を担当しなくなった流れで、続くシーズン7も別アーティストを採用したのではと考えれられます。

個人的に、エンディングで爽快感のあるSuperflyの楽曲を聞くと「ドクターXを見たぞ!」というワクワク感を感じられて好きだったので残念ですが…。

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

また、ドクターXシリーズでシーズン6が唯一視聴率が落ち込んだ原因が、「Superflyを採用しなかったから」とも言われていますね。

6作目での“痛手”がシリーズ5作目まで主題歌を担当していた人気音楽ユニットのSuperflyが変更となったことではないかと、前出の芸能ライターは指摘する。

Exciteニュースより

今シーズンはSuperflyの採用はしなかったものの、大幅な路線変更の「Ado」ということで、この流れの挽回が期待されているのではないでしょうか?

ドクターXの主題歌がAdoな理由2:若者のテレビ離れ

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

現在、20代以下の半分がテレビを見ない時代と言われています。(NHK放送文化研究所「国民生活時間調査2020」より)

13歳〜49歳のテレビに対する意識として、次のようなことがあげられるようです。

    • テレビはリアルタイムで見るよりTVerで後日視聴
    • テレビよりもYoutubeの試聴時間の方が長い

そんな中で、若者の視聴率を獲得するドラマを作るには若者に人気なコンテンツを盛り込む必要がありますよね!

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

AdoといえばSNSから人気が爆発した、大人気アーティスト。

ファンの大部分である若者を中心に、ネットで拡散されました。

一方、ドクターXは人気ゆえの長寿ドラマで、初回放送のシーズン1は2012年。

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

なんとシーズン7で9年目を迎えていたんですね!

放送開始時に10歳にも満たなかった子供が、現在は10代なわけですから、製作側も当然彼らの知名度や視聴率が欲しいですよね。

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

そう考えると、Adoの主題歌が採用されたのは納得な理由ですね!

パッケージイラストにも、主演の米倉涼子さん演じる大門未知子が描かれるなど、作品の魅力が盛り込まれています!

□関連記事
Ado「阿修羅ちゃん」のイラスト絵師はORIHARA!素顔や年齢・性別は?
Adoの新楽曲がドクターXの主題歌に大抜擢されました!曲名は「阿修羅ちゃん」。「阿修羅ちゃん」のカバー画像には、米倉涼子さん演じる大門未知子とAdoさんと思われる人物のイラストが描かれており、米倉涼子さんも大絶賛。誰が書いたのか...

ドクターXの主題歌にBTSをスカウトしていた噂も?

ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

ドクターXシーズン7の主題歌は、ドラマ制作発表会見の後も発表されず、決定がギリギリだったと言われています。

その理由は、本命のオファーを断られたから。

そのオファーの相手は、韓国のアイドルグループ・BTS(防弾少年団)だったんだとか!

「第1から第5シリーズまでの主題歌はSuperflyが、第6シリーズは米の歌手・PiNKが起用された。今シリーズは韓国の人気グループ・BTSにオファーするも叶わず。以後、難航していたが、今、勢いのあるAdoに決まった。顔出しなしでも紅白出場の可能性が浮上しているAdoだけに、ドラマがヒットすれば後押しすることになりそうだ」(芸能記者)
 
ドクターX|主題歌がSuperflyではなくなったのはなぜ?Adoの理由は?

BTS

BTSの日本での人気は爆発的ですし、Mステにも出演しないため供給不足とも言われています。

世界的な音楽ランキング常連のBTSが主題歌を担当するとなると、高視聴率が獲得できるのも間違いないですよね!

今回はBTSへのオファーが叶わなかったとのことですが、その分期待を任せられたAdoの主題歌もドラマの見どころになりますね!

 
エンタメ歌手
シェアする
バズCHANNEL
タイトルとURLをコピーしました